お引越し~40年住んだ家を引き払うということ~

「家に帰りたい。」

一年前、彼はいつもそう言っていた。急に体調がわるくなって、大事に手入れをしながら暮らしてきた家をそのままに、それこそ、着のみ着のままで離れることになってしまったのだから無理もない。

自宅での一人暮らしは無理だと周囲に判断され、彼自身の納得のないままにあれよあれよと介護施設で生活することになった。わたしが初めて彼に出会って財産管理や身の回りのいろいろなことをお手伝いするようになったのは、そんな頃である。

「家に帰りたい。」

だけど、実際家に帰るとなると様々な困難が伴うこともわかっていた。
一人暮らしで転倒してしまったら?けがをして取り返しのつかないことになったら?その不安は、彼自身も私も感じていた。

でもだからといって、その不安をなくすために、生きる希望を捨てられるだろうか?

電動車いすで自由に出かけたい。
好きなフルーツを好きな時に食べたい。
お金の出し入れをきちんと確認したい。
趣味のモノづくりを通して生活を豊かにしたい。

どれも人として当たり前の希望だ。安全か?自由か?そんな二者択一は酷すぎると思った。

「どこでどんな風に暮らすのが一番いいだろうね。自由と安全のバランス、ちょうどいいのはどこだろう?」
いろんな選択肢を吟味して、対話を重ねて一年とちょっと。いまは新しい場所で、安心して満足できる暮らしができるようになった。電動車いすで買い物に出かけ、好きな食べ物を買ってくる。不自由な身体でもすぐに手が届くように、あらゆるものを車いすにぶら下げて。ここでは、常に気にかけあえる人たちがそばにいて、もしもの時も安心だ。

ここまできて、彼はついに、これまで空き家になっていたもともとの自宅を引き払い、家財を処分する決心をした。時間はかかったけれど、この時間が必要だったんだろうなとも思う。

画像1

すっかりきれいになった家をみて、ほっとしたような、さみしいような、次のステージに向かう希望のような、何とも言えない気持ちになった。

40年住んだ家。玄人はだしのDIYを施した部屋。手作りの机や棚。愛着を持って集めた工具。一つ一つに思い出があって思い入れがある。どんな気持ちで決心されたんだろう。次の暮らしに向けて、相当な覚悟だったはずだ。その覚悟に応えて、私はこれからも彼の人生に寄り添っていく。

「西沢さんはボクにとって親みたいなもんだ」と言ってくださっていたらしい。私が親??!驚いたけれど、確かに口うるさいことも言っちゃうもんな(笑)家族のような存在になれたことが最高にうれしい。そして改めて身が引き締まる思いだ。

いっしょにいろいろな選択肢を検討してくださった皆さん。日々生活をサポートをしてくださる皆さん。暑い中引っ越しを手伝って下さった皆さん。大量の家財を片づけてくださった皆さん。たくさんの支えがあって今がある。感謝の気持ちでいっぱいだ。

今、彼のまわりには、役割を超えて人として関わる人たちがたくさんいる。私もその一人。新しい日々も楽しみだ。

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

にしざわゆみ司法書士事務所
司法書士 西沢優美
☎ 0466-29-1155
✉ 2438@nishizawayumi-shiho.com

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

追悼録~死んだらゼロになりたい~

初めてお会いしたときには、彼はすでに余命2か月を宣告されており、ベッドから起き上がれない状態だった。

「死ぬまで自宅で一人暮らしを続けたい」というご本人の強い意志のもと、ケアマネージャーさんをはじめ、在宅医の先生、看護師さん、薬剤師さん、ヘルパーさん、訪問入浴のスタッフさんなど、関わる皆さんがそれぞれの役割で彼の生活を支えていた。

そのとき一番困っていたのは、お金の管理や支払いをする人がいないことと、亡くなった後のことをどうしたらいいのかわからないこと。

そこで私がその役割を担わせていただくことになったのだ。「財産管理委任契約」「死後事務委任契約」という契約を結び、財産の管理と亡くなられた後の葬儀や埋葬、さまざまな手続きをお任せいただくことになった。

印象的だったのは、どんなふうに葬ってほしいか?ということを聞いた際のことだ。彼は、まっすぐに私を見て「私は死んだらゼロにしてほしいんだ」と言った。

「私が死んだら何も残さずをゼロにしてほしい。すべてなくしてほしい。」

自分の死をまっすぐ見つめてそんな風に言えるなんて、なんて強い人なんだろうと驚いたのをよく覚えている。その意思をかなえるために具体的にはどうしたらいいのか?私たちはたくさん会話を重ねていった。

その後、彼は医師の宣告した余命より半年以上ながく命をつないでくれた。
薬の影響でだんだんと眠る時間が長くなり、最期は看護師さんの到着を待つように逝った。穏やかに眠るように。

彼と関わりだしたころ、ケアマネージャーさんが「お金や死後のことに不安がなくなったから、体調がよくなったみたいです。」と言ってくださった。それが本当ならどんなにうれしいことだろう。そのときは、そう素直に喜んでいた。

けれど、いまおもえば、私は彼の強さに甘えていたのかもしれないとも思う。強い意思は決してぶれない、その意思をきちんと実現できれば安心してくださると信じていた。でも、本当にそうだったのだろうか?きっと多くの時間を一人で過ごすなかで不安もあっただろう。自分のした選択に迷うこともあったかもしれない。弱い部分を見せるのを嫌がる人ではあったけれど、もう少しそばにいて、もう少し寄り添うことができなかったか?

お見送りのたびに、なにかもっとできなかったかという葛藤が生まれる。でも、それが大切なんだとも思う。

「ゼロにしてほしい」

今、私が寄る辺とできるのは、彼のまっすぐなこの言葉だけだ。その言葉を実現するために自分の職務を全うする。ゼロになってもきっと見ていてくれると信じて。

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

にしざわゆみ司法書士事務所
司法書士 西沢優美
☎ 0466-29-1155
✉ 2438@nishizawayumi-shiho.com

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

 

 

 

 

引き継ぎノート部活動報告「映画とおしゃべりの会」~離れた場所に暮らす親との今後について~

 

8月7日(土)の夜、引き継ぎノート部の4回目となるオンラインイベント「映画とおしゃべりの会」を開催し、参加してくださった皆様と一緒に、8名でおしゃべりしました。

引き継ぎノート部とは、親子の「引き継ぎ」について、お互いの経験や知識をシェアし、生かし合う場です。
いろんなことを、親が元気なうちに話し合っておきましょうと常々言われるけれど、じゃあどうやって話を切り出せばいい?具体的には、どうすれば、がんばりすぎずにお互いにとって後悔の少ない老後の暮らしを実現できるのか?をわいわい話せる場所です。

👇詳しくはこちら

今回のテーマ作品は、「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン~」。言わずと知れた名作です。そのなかでも、主人公がお母さんを東京に呼び寄せるシーンを取り上げ、「離れた場所に暮らす親との今後」について、お話をしました。
・親に「あんたのとこに行こうかな」 と言われたとき、どう思う?
・逆に自分が子供に「こっちおいでよ」といわれたとき、どう思う?
・親との生活を真剣に考えなきゃいけないかなと思うタイミング、シチュエーションは?

親が遠方に住んでいる方、近居の方、同居の方、実の親のこと、義理の親のこと、親との親密さ、それぞれ違う立場で、経験をシェアしたり不安を話し合ったりしました。

両親が一人になったときには何かと心配だなぁ。
ある程度の距離感(物理的にも精神的にも)があったほうが、お互いうまくいくんじゃないか?
親を呼び寄せたいという気持ちもあるけれど、親の生活をガラッと変えてしまうと逆に良くないんじゃないか?

このテーマ、まさに自分にとっても興味ど真ん中。というのも、私の実家は奈良県。そして私は一人娘。いまは両親ともに元気ですが、将来どうするのがいいのかなとは常にかんがえています。親の方も、わたしが結婚して藤沢市に来てしまったことで、きっと不安もあるでしょう。

みなさんとお話をしながら、その時になってみないとわからないこともたくさんあるんだろうなと思いつつ、まずは、私は、どんな形であれ、自分のできる範囲で全力でサポートするし、親の希望を尊重するという自分の意思を伝えるところから始めようかなと思いました。

参加してくださった皆さんも、それぞれ、ご自身の親御さんとの将来を、うちだったらどうかな?と想像し、家族を大切に思う時間を持てたという感想をいただきました。
司法書士としても、遺言や任意後見契約といった法律的な準備が必要だと常々考えていますが、そこへ至るにもまずはここからだなぁと改めて感じました。

次回は・・・

次回の引き継ぎノート部活動は、9月25日(土)20時~22時オンライン読書会~「老後の資金がありません」垣谷美雨著~です。
この本は今秋映画化もされる話題の本です。タイトルそのままやんですが、どんなテーマを取り上げるか準備を進めていきます。

老後の資金がありません (中公文庫)www.amazon.co.jp

704(2021年08月15日 23:58時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

引き継ぎノート部では、公式LINEアカウントを作成しております。登録していただけましたら、随時イベントの情報をお送りしたり、質問をお受けしてお答えしたりとい入部ご希望の方はぜひLINEのお友達登録を♪
親の老いが気になり始めた方。親子の「引き継ぎ」に関心のある方。
ぜひ楽しみながら、一緒に親子の引き継ぎについて考えていきましょう。

こちらのリンクからQRコードをを読み取ってご登録ください!!      ↓↓↓

画像2

公式LINEでは、イベント情報をいち早くお伝えしたり、いただいたご質問にお答えしたりしていきます。

ご参加お待ちしております(^^)/

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

にしざわゆみ司法書士事務所
司法書士 西沢優美
☎ 0466-29-1155
✉ 2438@nishizawayumi-shiho.com

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

画像1

引き継ぎノート部始めました。

このたび、親子の引き継ぎを考える「引き継ぎノート部」という大人の部活をはじめました。部長はワタクシ司法書士の西沢優美と、ライターであり家族介護のキーパーソンでもある島影真奈美さん。

今回は、なぜこの活動を始めることになったのか、その思いをお話ししたいと思います。

私は、これまで相続や介護を巡って起こるお金のトラブルについてのご相談をたくさん受けてきました。

「遺言がないために相続でもめてしまった。」
「認知症になった母のお金がおろせなくなってしまった。」

そんな切実なご相談を受ける度、将来のための法的な準備の重要性を感じ、
「遺言を書いておきましょう」「任意後見契約(※)を結んでおきましょう」とひたすら発信してきました。

※任意後見契約・・・将来認知症になったときのために、財産管理や契約後を代わりに行う後見人を、元気な時に指定して、お互いに交わしておく契約

「将来のトラブルを避けるために法的な準備は大切です。」
「元気なうちから親子で話しておきましょう。」

それは正しい。
でも、ご相談をいただく皆様からの生の声を聞くたびに、自分自身が後見人としてお一人お一人に関わるたびに、それを真正面から叫んでいるだけでは本当の解決にならないんじゃないかというモヤモヤを感じはじめていました。

将来の準備が必要なのはわかっているけど、普段やりとりがない親に、いきなり財産のことを切り出したり、遺言の作成を頼んだりすることなんてできないし、法的な体制を整えただけで親子関係が改善するわけじゃない。

どうすれば、親子のコミュニケーションがスムーズになるのか?
もうちょっと広い視野で自分にできることはないだろうか?
そんなモヤモヤを抱えていた時に真奈美さんとの出会いがありました。

真奈美さんは、疎遠だった義理のご両親に無理なくしなやかに寄り添い、「遺言作っちゃいます?」「名案ですな」というやりとりが成立するまでになったという経験の持ち主です。
詳しくは、著書であるこの本に。元気と笑いがわいてきます!!

子育てとばして介護かよwww.amazon.co.jp

1,210(2021年06月14日 10:52時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

どうすればストレスなく情報共有できるのか。がんばりすぎずに、お互いにとって後悔の少ない老後の暮らしを実現できるのかーー。

それぞれの立場で経験をしたことをもとに、親子の引き継ぎに関わる情報をお伝えするセッションを開催したり、「老い」や「家族」をテーマとした本や映画を題材にして皆さんとお話しをするイベントなどを開催していきます。

入部ご希望の方はぜひLINEのお友達登録を♪
親の老いが気になり始めた方。親子の「引き継ぎ」に関心のある方。
ぜひ楽しみながら、一緒に親子の引き継ぎについて考えていきましょう。

こちらのリンクからQRコードをを読み取ってご登録ください!!      ↓↓↓

画像1

公式LINEでは、イベント情報をいち早くお伝えしたり、いただいたご質問にお答えしたりしていきます。

ご参加お待ちしております(^^)/

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

にしざわゆみ司法書士事務所
司法書士 西沢優美
☎ 0466-29-1155
✉ 2438@nishizawayumi-shiho.com

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

遺言のススメ~「お世話した人が損するってことですね・・・」と言わない未来のために~

 

「結局お世話した人が損するってことですね」

そう言って彼女はうつむきました。

最期のお見送りまで、何年もお母さんの介護をしてきた方でした。そのお母さんの相続について、ご相談を受けたときの一言。とても残念で、印象に残っている言葉です。

お母さんのために、仕事を休まなければならないこともあったし、プライベートを犠牲にすることもありました。お見送りのときには、さみしい気持ちとともに、「やりきった」というほっとした思いもあったそうです。

ですがこの穏やかな気持ちは長続きしませんでした。お母さんの法要のときに、兄夫婦から相続についての話を切り出されたのです。

「お母さんの財産を法律にしたがって半分に分けると、実家は売らなきゃいけなくなるから、お前も次に住む場所を考えておけよ。」

当然自分が実家に住み続けられると思っていた彼女にとっては、今までの頑張りが踏みにじられた気持ちだったそうです。

法的な解決方法は?

「私は家を出なくてもいいですよね?」
「母はいつも私に感謝してくれて、この家はお前にやると言ってました。」
「兄だって、『自分は親の介護をしないから財産はいらない』といつも言ってたんですよ。」

彼女の気持ちは痛いほどわかる。・・・でも、残念ながら、私には彼女の言い分が法的に認められるとは言えません。

いくら生前お母さんがそう言ってくれていたとしても、お兄さんが以前にそんなことを言ったとしても、「遺言」という文書がなければ法的な相続割合は原則2分の1ずつ。残念ながら、お兄さんの言い分を認めざるを得ません。

そう伝えたときの彼女の一言が、冒頭のことばだったのです。

彼女だって、もちろん財産のためにお母さんのお世話をしてきたのではないのです。でも、それなのに、いや、だからこそ、お母さんのためにと思って一生懸命過ごしてきたその時間が、最終的に「損だった」「無駄だった」という感想に終わってしまったことがとても残念でした。

お母さんの思いが、「遺言」という法的な文書として残っていたとしたら?彼女はお母さんの思い出のあるこの家ですごすことがで来たはずです。

穏やかな気持ちでお母さんを悼み、これからの自分の人生を落ち着いて進めていくことができたはずです。兄だってお母さんがそうしたかったのならと納得したかもしれません。納得しなかったとしても法的なトラブルを避けることはできました。

このように、いくら強い思いがあっても、「遺言」という書類一枚ないために実現できないことが法律の世界にはあります。

この女性と同じような思いをしないために、親と同居されている方、相続に不安がある方は、トラブルが起こる前に、まずは法律の専門家に相談されることをお勧めします。

また、家族を同じような思いにさせないために、自分自身準備をしておくこともまた大切です。

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+

にしざわゆみ司法書士事務所
司法書士 西沢優美
☎ 0466-29-1155
✉ 2438@nishizawayumi-shiho.com

+・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+